担い茶屋

茶道具一式を持ち運んで、縁日や行楽地で売り歩く行商が、室町時代から見られたとのこと。